News

オーストラリアはビザが必要?

目的によって変わるビザの種類

気になる申請期間や取得方法

オーストラリアでは、短期の観光であってもビザが必要となります。今回紹介するもの以外にもビザの種類はありますが、観光やワーホリ、留学目的の方に向けてご紹介していきます。

 

◼︎観光や短期滞在の人は…「ETAS」!

観光や親戚友人を訪問、ビジネスミーティング、会議・展示会・イベントへ出席するといった目的でオーストラリアを訪れようとしている方は、観光ビザ「ETAS(イータス)」が必要です。1回の入国で3ヶ月まで滞在することができますよ。

 

<ETASの取得方法>

そもそもETASは、「Electronic Travel Authority System」の略称で、オンラインでビザ登録し、入国許可を済ませる「電子渡航許可」制度のことなんです。

 

許可された日から1年間が有効期間で、その期間中3ヶ月までなら何度でも出入国可能ですよ。渡航する際は人数分の申請が必要なので、お子さんがいる場合も一緒に申請するようにしてくださいね。

 

ビザ取得までの日数>

ほとんどの場合は、12時間以内に表示されます。時間内に発給されないまたは、オーストラリア大使館に照会を求めるメッセージが表示された場合は、別途大使館への連絡が必要になるので、出発日が決まれば、できるだけ早めに登録してくださいね。

 


 

◼︎ワーホリを考えている人は…「ワーキングホリデービザ」!

18歳から30歳までの人で、1年間オーストラリアで休暇をしながら、語学学校に通ったり就労したりすることができるのが「ワーキングホリデービザ」です。

 

細かな条件はありますが、オーストラリアに住んでみたい方や海外で働いてみたい方は、一生に一度のチャンスなので、利用してみるのもおすすめです。

<ワーキングホリデービザの取得方法>

オンライン申請またはエージェントに依頼してゲットできます。

 

ビザ取得までの日数>

基本的には1週間程度でビザが取得できるようです。また遅くてもビザ申請数の90%が17日以内には審査完了しています。

 


 

◼︎留学を考えている人は…「学生ビザ」!

がっつり英語を学びたい方は、学生ビザを取得するのがおすすめです。オーストラリアの語学学校、TAFE、専門学校、大学など教育機関に3ヶ月以上留学する場合に申請します。

また学生ビザでも週20時間までの就労ができ、アルバイトで学費や生活費を賄いながら学校に通うこともできますよ。

 

<学生ビザの取得方法>

オンライン申請またはエージェントに依頼してゲットできます。

 

ビザ取得までの日数>

コース開始の4ヶ月前から申請が可能です。ビザ取得までは基本的に1週間程度でできるようですが、人によって差があります。時間に余裕を持って申請するのがおすすめ!

 

ちなみに…

学生ビザには規則があります!

・学校への「出席率」80%以上をキープすること

・体調不良の場合は証明書をもらい学校へ提出して欠席すること

・週20時間までの就労

 

※いったんビザがキャンセルされると4週間以内に出国しなければならず、場合によっては以後3年間入国できない可能性も!

オーストラリアでは、渡航の目的によってビザが異なります。観光の場合でも、ビザの申請が必要なのでお忘れなく!

 

 

また、ワーホリビザで滞在している際に、「もっと勉強したい!」と学生ビザに変更することも可能です(学生ビザからワーホリビザに変更もできます)。取得までの日数も申請する日人によって異なるので、渡航日が決まったら早めに動き出すのがおすすめですよ。

 

Access

オーストラリアへのワーホリに関する説明会を全国各地で開催しております

概要

店舗名 REBORN
住所 福岡福岡市博多区博多駅南1丁目15-22 シノケン博多ビル4F
電話番号 092-477-7242
営業時間 10:00~22:00
最寄り 博多駅より車5分

アクセス

オーストラリアへのワーホリを検討されている方には、実体験に基づいた様々なサポートを行っております。説明会もご用意し、東京大阪福岡といった主要都市でも随時開催しておりますので、一度ご参加ください。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事